Category Archives: キャッシング

市町村でお金を貸してくれないの

市町村でお金を貸してくれないの

市町村とは基礎的自治体であり、
国及び都道府県の処理する事務以外の事務を取り扱う自治体です。

事務は、法定受託事務と自治事務の2つに分類されますが、
全体のうちの3割が自治事務とされ、
7割が国や県の事務を受託している事務です。

この自治事務は、住民福祉の向上を目指すために処理する事務であり、
国や都道府県の意向なしに単独で決定することができるのです。

従って、全国市町村の中にはユニークな条例や規則があり、
市町村でお金を貸してくれないの
という質問に答えを用意している市町村もあるのです。

その制度を制度融資といいます。

これは住んでいる都道府県や市町村で起業したり会社創設をしたりするときに低利でお金を貸し付ける制度です。

融資自体は市町村が預託している銀行で行いますが、
審査は市町村の職員が担当するものです。

メリットは低利融資ですが、
デメリットは審査が銀行と市町村の二重審査となり、
時間がかかることです。

しっかりとした計画や将来性があれば、お金は貸してくれないのではなく、
貸し付けますので、相談されればいかがでしょうか。

また目的が起業でない場合には、
一部の自治体では生活困窮支援金制度を設けているところもあります。
しかし、それよりは、固定資産税の減免、水道ガス料金の減免、
国民保険料の減免など制度上の減免で生活困窮を支援するのが市町村の役割ですので、
お金を貸すことが目的ではないことに留意すべきです。

金融機関のキャッシング

金融機関のキャッシング

金融機関では、キャッシングすることができます。
キャッシングとは、個人向けの少額融資のことを言います。
つまり、住宅ローンや学資ローン、
カーローンなどのように高額ではなく、
数万から数十万程度の融資のことを言います。
殆どの金融機関がキャッシング事業を行っていますから、
もし興味があったら調べてみると良いでしょう。

それに本人にその気がなくても、
キャッシングできる状態になっている場合があります。
例えば、銀行のキャッシュカードにもキャッシング機能が
ついていることがあります。
最初に口座を作る時にキャッシング枠をつけてもらうことが
多いのです。

使う予定がなくても、
自分のキャッシュカードがどの程度のキャッシング枠を
持っているのか、
と言うことは把握していくと良いでしょう。
いざと言う時に役に立ちます。
また、同じように消費者金融のカードも作っておくことを
お勧めします。

作ることに費用は掛かりません
いざと言う時に色々と手続きをしていると面倒なので、
暇なうちにカードを作っておくと後々非常に
役に立つことでしょう。

一枚、財布に入れておくだけでだいぶ安心感が違いますので、
是非ともカードを発行してもらい、
所持しておくと良いでしょう。

言霊が大事なワケを知る

言霊が大事なワケを知る

ilm01_ba03057-s (2)バリバリ働く方の中には、「かみさま」は信じないという唯物論的考え方の人も多いと思います。
言霊という言葉を聞くと、どこかスピリチュアル的で怪しい(笑)と思う人もいるかもしれません。
けれど、21世紀というこの時代は魂が主役の時代に入って来ているそうで、地球という星は今、
戦いを象徴としているうお座の影響を強く受けていた時代から、
女性的融和のみずがめ座の影響を受ける時代に転換していると話す人もいます。

私としては、商売をしている場所が日本という国であり、その日本とは地球という星にあり、
地球は太陽系の中のひとつの惑星であって、太陽系は宇宙に存在している・・・と
超マクロな視点で物を見ると、
大きな宇宙的影響を皆無にしておくわけにはいかないと思っています。

逆に言うと、宇宙の真理というかそういう時代の流れに乗って、商売もした方が成功すると考えています。

言霊がどうして大事かイマイチ実感が湧かない人は、プラスな言葉とマイナスな言葉を
口に出している自分自身を携帯やデジカメで動画撮影してみるといいでしょう。

そしてその動画を自分で再生してみると、プラスな言葉を言っている時とそうではない時に受ける印象が確実に違うことが理解できると思います。

キャッシングの正しい英語

キャッシングの正しい英語

普段、普通に使っている「キャッシング」と言う言葉。
一言で簡単に言えばお金を借りることで、
クレジットカードを使用してATMなどでお金を借りることと理解されていますが、
この言葉、海外では通じません。
実は、銀行系クレジットカード業界が作った、
小口の即時金融を指す和製英語で、
日本でしか通用しないのです。
正しくはキャッシュアドバンス(Cash advance)と言います。
Cash advanceは「現金前貸し」の意味で使われる 言葉ですが、
以前「上海バンスキング」というお芝居がありましたね。
あの「バンス」はアドバンスの略で
「バンスキング」とは「前借り王」。
つまり、前借りで生活をしのいでいる浮き草稼業の
ミュージシャンたちのお話しというわけです。
「Cash」の本来の意味ですが、
動詞として
「小切手・手形などを現金に引き換える」、
名詞として
「換価、現金化、、現金払い、取付け」となります。
ですから、
「キャッシング」は「現金化している」
と言うことになります。

別に、現金に換える何物も持っていませんが、
日本では「信用で、現金にする」
ということになるのでしょうか。
ちなみに、カードで物を分割払いで買う事を「カードローン」
と言いますが、これも和製英語です。
「ローン」
は「loan」で、「貸し付ける、貸し付け、貸付金、」と言う意味ですが、
合わせて「Cardloan」とは言いません。
外国のATMでキャッシングしたい時は、
取引内容の表示
「Select Account for Withdrawal」から
「Cash Advance」を選択しましょう。

高額医療費を消費者金融から借入することと高額医療費貸付制度を利用することの違い

高額医療費を消費者金融から借入することと高額医療費貸付制度を利用することの違い

病院に入院することになったとき、
かなり高額な医療費がかかり、
支払いに困ることがあります。

高額な医療費がかかった場合には、
健康保険等の高額療養費制度を利用することにより、
自己負担限度額を超えた分のお金が
保険から払い戻すことが出来ます。

しかし、この高額療養費が払い戻されるまでには、
一般的に申請してから3ヶ月くらいかかるため、
一度病院にかなり高額な医療費を
支払わなければならないこともあります。

病院代を建て替えなくてはいけませんので、
高額になると厳しい工面をせざるを得なくなります。

そこで、高額医療融資制度の登場となります

このように高額な医療費を一度に用意することが困難な場合、
無利子で事前にお金を借りることができる、
高額療養費貸付制度を利用すると良いでしょう。

phm06_0157-s高額医療費融資制度とは、
高額医療を受けた場合に利用することができる保険制度で、
高額医療費制度と平行して利用される制度になります。

消費者金融からの借入のように、借入れたお金が使途自由
というわけではありませんが、高額医療を受ける予定の人は、
こちらの制度を利用したほうが良いでしょう。

高額医療費融資制度は無利息になり、
返済は医療費貸付制度で支給されたお金で行うことになります。

この制度を知らずに、
高額医療費を消費者金融から借入する人も少なくありません。

消費者金融からお金を借りれば金利が発生しますが、
高額医療費融資制度なら金利なしでお金を借りることが出来ます。

また、高額医療費融資制度や高額医療費貸付制度は、
健康保険に加入していることが条件になりますので、
保険料を滞納して無保険状態になっている人は利用することができません。

大手消費者金融の利用について。

大手消費者金融の利用について。

大手消費者金融で借金をすると言う手もあります。
大手消費者金融で銀行の傘下になっているところが沢山ありますので、そういった大手消費者金融でしたら、そのサービスを安心して受ける事が出来るでしょう。

大手消費者金融もカードを発行していますし、そのカードを使って借金をする事が出来ます。
クレジットカードの場合でしたら、カードの発行にはかなりの時間が掛かりますが、大手消費者金融の場合は審査に問題が無ければ即日発行してくれますので、そのスピーディーさには驚くばかりです。

きちんとしたお勤め先があり、その返済能力に問題が無ければ、早ければ15分ほどでカードが発行され、そのカードですぐにお金を借りる事が出来ます。
そういったスピーディーさは大手消費者金融ならではです。
お金を借りたいなと言う時に、それからクレジットカードを申し込んでいるのではとても間に合いませんし、なるべく急いでお金を借りたいと言う時には、大手消費者金融をご利用になるのが良いでしょう。

大手消費者金融のサービスもとても充実していますし、銀行やクレジットカードに比べてきめ細やかな顧客のサポートも行っていますので、思っているよりも安心して快適にお金を借りる事が出来ると思います。

資金なしではじめる自営業

資金なしではじめる自営業

資金なし、人脈なし、自信なし、
ゼロからの起業で年商10億にのぼりつめた社長がいます。

ilm16_aa01025-sその人のブログに、知性のない財産は負債と同じであり、
知性のある借金は財産に等しいと書いてありました。

自営業を起こすにあたって、
借金のある状態で始めたほうがシャカリキになって
働くために成功するという話があります。

この社長が言っていることはそれと同じことなのです。
ハリウッドで大金を稼ぐセレブが
破産をしてしまうケースがいい例だと言えます。

しかし、普通の人間には
多額の借金を抱えるということは勇気のいることです。

ましてや家族を抱えている状態となるとなかなか冒険はできません。

しかしゼロ同然となった戦後の日本を発展させてきたのは、
そういった勇気だったのではないでしょうか。

昔の人には馬力がありました。
現代の社会人にたりないものはそこだと思います。
のびなやむ日本の経済を発展させるためにも、
資金なしで自営業をはじめやすい環境、
応援してくれるシステムを増やしていってもらいたいです。

おまとめローンの効果

おまとめローンの効果

おまとめローンとは、複数のノンバンク系のローン会社、
サラリーマン金融などから借りている借金を一本化することです。

複数の金融機関から借りると、返済方法が複数、
あったり返済期限が複数あったりと非常に煩雑になります。

それを1つにまとめることで、返済の遅れなどが解消しますし、
管理も非常にしやすいのです。

管理面以外にもおまとめローンの効果はあるのです。
それは返済金額が減るのです。

50万円ほどの金額を借りますと金利は会社によっては
15パーセントになります。

これを3社に借りますと150万円のローンを
15パーセントで借りることになるのです。

しかし、150万円のローンですと10パーセントの金利になります。
5パーセントの金利が低くなりお得なのです。
しかし、そこで総量規制があるのです。

収入が高ければ問題ないでしょうが、
ノンバンクからの借入れは収入の3分の1と
法律によって定められているのです。

これ以上ノンバンクでは借りられない人にとって、
銀行でのおまとめローンの効果は絶大です。

総量規制は銀行は対象外なのです。
ですので銀行で150万円を借りて返済するのです。
銀行ですとかなり利率が低いのです。

ノンバンクの借金をなくして一本化して
低金利で借りることがおまとめローンのメリットなのです。

キャッシングランキング

キャッシングランキング

お金を借りるなら誰しもが低金利を望んでいます。

しかし、それぞれの会社によってその金利は変わってきます。
そのために会社ごとの特徴をはっきりと理解しておく必要があります。

キャッシングの会社は様々ありますのでランキングを
参考にして自分に合うものを選ぶ必要があります。

一般にランキング形式で表示されているものは、
即日融資、レディース、学生向け、低金利、
無利息などなど多種にわたっています。

自分が求めている条件に合うものをこれらの中から選ぶことで
失敗を最小限に抑えることが可能となります。

さらにキャッシングには銀行系、信販系、消費者金融など
様々な会社が存在しています。

当然それぞれに特徴がありますのでしっかりと
自分で選択する必要があります。

ちなみにランキングを参考にすると必ずしも
低金利の会社が上位を占めているわけではありません。

ilm05_aa15003-sもちろん大手の会社が上位に入っているとも限りません。
つまり、消費者のニーズをしっかりと掴んでいる会社が
ランキングの上位に入っているのです。

審査結果も重要なポイントになります。
時間がかかるものから即日発行してくれるものまであります。
さらに、キャッシング会社がキャンペーンなどを行っている場合もあります。

本で勉強すると言う事。

本で勉強すると言う事。

借入れのシュミレーションについて自分で上手に行えるようにするには、本で勉強すると言うのも良い手です。
インターネットのウェブサイトで勉強する事も出来ますが、ネットに書かれている事はすべて本当の事ではありません。
かなり偏った知識や間違った知識を参考にしてしまう可能性がありますので、本を一冊購入して勉強なさるのが良いと思います。
書籍化されている情報はそれだけの価値のある情報なわけですし、専門家の方が執筆しているわけですからかなり専門的で役に立つ内容のはずです。

借入れや返済についてのシュミレーションのノウハウ等を解説してある本があれば、それを購入なさると良いと思います。
特に新刊で無くても良いと思いますので、古本屋に行けばそういった本は沢山あるでしょうし、古本屋でそういうった本を安く購入してくれば、安い値段でかなりの勉強が出来ると思います。

本から学ぶと言う事は良いことです。
本でしたらいつでもどこでもその本を見て勉強する事が出来ますし、一冊その本をじっくりと読めばかなりの知識を身に付ける事が出来、自分でしっかりと借入れのシュミレーションが行えるようになるでしょう。

是非そういった役立つ本を見つけてみてください。