カードローン返済遅延に対する督促について

カードローン返済遅延に対する督促について

カードローンは現金を借り入れするものとなりますが、借り入れした現金の返済が遅れてしまった場合にはどのような事態となるのでしょうか。

返済が遅延をしてしまうとカードローン会社より返済の督促が実施されます。
通常はカードローン会社の担当者から電話で督促の連絡が入ります。
その中でいつ返済するかどうかの打合せをすることとなります。

この打合せの中で注意をすべきポイントがあります。
それは嘘の約束は絶対にしないという点です。
指定の期日までにカードローンが返済できる目途が全くないにもかかわらず、返済約束をしてしまうとその後の信用度に大きく悪影響を及ぼしてしまいますので、その後の督促はより厳しいものとなってしまいます。

また、電話連絡の際に邪険に扱ってしまうことも、担当者の心象を著しく損なってしまうこととなりますので、マナーを守った電話対応を心掛けるようにしましょう。

仮に指定の期日までに返済が出来ないような場合は、担当者より連絡が来る前に事前にこちらから連絡を入れて、謝罪をしておくようにしましょう。
まめに連絡入れをすることで、担当者から誠実な人物であると印象をもたれることに繋がります。
このようにカードローンの返済の督促を受けた際には、誠実に対応をすることが最も効果的となるのです。

Comments are closed.