キャッシングの正しい英語

キャッシングの正しい英語

普段、普通に使っている「キャッシング」と言う言葉。
一言で簡単に言えばお金を借りることで、
クレジットカードを使用してATMなどでお金を借りることと理解されていますが、
この言葉、海外では通じません。
実は、銀行系クレジットカード業界が作った、
小口の即時金融を指す和製英語で、
日本でしか通用しないのです。
正しくはキャッシュアドバンス(Cash advance)と言います。
Cash advanceは「現金前貸し」の意味で使われる 言葉ですが、
以前「上海バンスキング」というお芝居がありましたね。
あの「バンス」はアドバンスの略で
「バンスキング」とは「前借り王」。
つまり、前借りで生活をしのいでいる浮き草稼業の
ミュージシャンたちのお話しというわけです。
「Cash」の本来の意味ですが、
動詞として
「小切手・手形などを現金に引き換える」、
名詞として
「換価、現金化、、現金払い、取付け」となります。
ですから、
「キャッシング」は「現金化している」
と言うことになります。

別に、現金に換える何物も持っていませんが、
日本では「信用で、現金にする」
ということになるのでしょうか。
ちなみに、カードで物を分割払いで買う事を「カードローン」
と言いますが、これも和製英語です。
「ローン」
は「loan」で、「貸し付ける、貸し付け、貸付金、」と言う意味ですが、
合わせて「Cardloan」とは言いません。
外国のATMでキャッシングしたい時は、
取引内容の表示
「Select Account for Withdrawal」から
「Cash Advance」を選択しましょう。

Comments are closed.